Supringで身につけろ!

サプリメントの上手な選び方

日本のメーカーでいいのか?

アメリカのサプリメントは症状を明示して効果をうたうことが出来ます。(明確に病名をあげて効果をうたうことは出来ません)日本ではこの栄養補助食品という定義はないので、食品か薬品かになります。ですから日本の物は説明がないため全く訳がわからず、アメリカ製の物は自分にあった物を選ぶことが出来るのです。みなさんもためしに日本製のビタミン剤を見てみてください。もし効能があるとすれば、それはサプリメントではなく薬品なのです。

また、アメリカでは栄養補助食品健康教育法で効果の裏付けである科学的データの提出義務、検査法、情報提供など細かく義務付けされています。競争が激しく淘汰されやすいと言うのもアメリカ製を選ぶ大きな要因なのです。

もう一つ、日本のビタミン、ミネラルのサプリメントの多くは含有量が低すぎて、飲んでも無駄と言う物や、安価な合成栄養素を吸収について全く考えず単品で売っている物が多いのです。

添加物を買っていると思った方がいいようです。日本のメーカーはサプリメントをお菓子ぐらいにしか考えていないのでは?と言われています。

こんな栄養補助食品は要注意

現在日本は健康ブームで、TVや雑誌で「何々健康法」というのをよく見かけます。それは、スポーツであったり、健康器具であったり、中国から伝わった「なんとか術」など・・・この健康産業の中で中心になっているのが「健康食品」です。
販売の仕方に関しては「訪問販売」をとっている物が多いのですが、現在の日本には健康に何らかの問題を抱えている人が非常に多く、弱みにつけ込む巧みな話術で、劣悪な食品でも簡単に引っ掛かってしまうのです。また、チラシをみて無料サンプル請求なんかしると、すぐに巧みなセールスマンがやってきて売りつけられてしまいますから、注意してください。
そういった販売法で売っている物の多くは、「何々配合!」なんて書いてあっても、ほんの数パーセントであったりしますし、(かろうじて配合は、している) 売り方も「まとめて買えば、非常に安い!」物が多いのです。「漢方」とか「何々ハープエキス配合」「天然」「ナチュラル」という言葉には、みなさんすぐにだまされてしまいます。

成分を明らかにしているか?

サプリメントを購入時は、必ず栄養分の表示を確かめましょう。まず表示自体がない物は購入するのは危険です。それに表示してあっても都合のいい物だけ表示してあってもダメです。愛用者本意で品質にこだわって製造しているメーカーは必ずそう言った資料が用意されているはずです。もしなければ問い合わせてみるのもいいでしょう。返答がなかったり、いい加減な対応であれば購入しないほうがいいでしょう。
製品を明らかにした上で、自社の製品を選んでもらえる、と言う自信を持っているメーカー。つまり企業の姿勢が解ってきます。

天然由来の栄養素かをチェック

同じような製品でも合成栄養素か、高級梅干し店の梅干しのように天然栄養素かが重要になります。合成で作られるビタミンやミネラルには他の自然が用意してくれる栄養素は全く入っていません。これがないとビタミン自体が働かなかったりします。
「ナチュラルでなければ栄養素は体内で仕事をしない、細胞にある受容体が合成物をはね除けるので、摂取したところで意味がない。これは自分自身を守る為の自己防御本能である。」というような事はワシントン大学のマイケル・マレー栄養学博士も言ってます。もとは食品からとるべきの物ですから考えてみれば当然といえるでしょう。ただし「ナチュラル」と言う言葉でごまかしている製品もあります。基本は合成品でない天然栄養素であることなのです。

天然・合成栄養素の違い・特徴

  • 合成栄養素は一般に白っぽい、天然栄養素は白っぽくはあるが複雑な色をしている。(たとえば白米と玄米の違いくらいだそうです)
  • 合成栄養素にはあまりにおいがない。
  • 天然栄養素の錠剤は一般に大きい。合成は小さい。
  • 食後服用は一般に合成品が多い。天然栄養素は食品に近いのでいつ飲んでも吸収されやすい。

などです。

栄養素が組み合わされているのか

栄養素は一般的に単独では吸収されにくく、またその栄養素が働く場合には、他の栄養素が必要になります。よくコンビニで売られている安価なサプリメントなどは栄養素を単品で販売していますが、そう言った物をとり続けている場合、その栄養素を消費する時に体に蓄積されている他の栄養素を消費してしまいます。

その状態が続いた場合どうなるのでしょうか? 

逆に栄養素が欠乏してしまいます。

ですからサプリメントを摂る場合、色んな栄養素が組み合わされた総合的な物を摂る様にした方が吸収されやすいのです。これは天然栄養素であるか?と言うことにもつながりますが、より自然な状態で摂ってあげれば、栄養素は効率よく働いてくれます。

加工方法をチェックする

栄養素は熱に弱いですので、熱を使って固めれば当然有効性は失われてしまいます

特に優秀な製品は酵素をふんだんに使っていますので、この酵素が死んでしまう40度以上の熱は使えません。35度から37度という人間の体温に近い温度帯による低温処理方法を使っています。お金も時間も手間もかかる製法なのです。裏を返せば熱処理を使えば安い製品が出来ると言うことになります。

余分な物が入っていないか?

食品添加物・防腐剤・合成着色料・香料・大豆抽出物・とうもろこし・塩・砂糖といった栄養補助に必要ない成分は出来るだけ少ない方がいいです。この不必要な成分が、かえって健康に害を及ぼす場合があるからなのです。

錠剤を作る場合は、栄養素だけでは固まりませんので、ぞうねん剤、乳化剤、といったものを混ぜ込んで錠剤の形を作ります。「ショ糖脂肪酸エステル」などが代表的な合成物ですが、粗悪品に至っては、高いお金を払い、このぞうねん剤を一生懸命食べているのと等しいのです。7割、8割がぞうねん剤だという事もあるようです。

メーカーのPRで、「我が社は最低限のぞうねん剤しか使っていません」と書いてある商品がありますが、その「最低限」という言葉もくせものです。「どれだけは言っているの?」と聞きたくなります。

きちんと溶けるか?

アメリカ製のサプリメントは、消化管に入って何分以内に溶けなければいけない、という崩壊基準があります。日本では、この基準があるのは薬だけになります。きちんと溶けて吸収されなければ、どれだけビタミンが入っていても効果がありません。

まずは、しばらく試して様子を見る

サプリメントは医師の処方によって服用する物ではありません。ですから選んだことに対する責任は消費者本人にあるのです。上記の様なチェックをして選ぶのはもちろんですが、服用するようになって、しばらくは様子を見ることも重要です。

買い方も一度にたくさん買うのは止めておきましょう。一度にたくさんの量しか売らない物は、ほぼ間違いなく粗悪品だと思ってもいいと思います。

服用して調子がいいようでしたら続け、何か支障があれば、直ちに服用を中止して、購入先のサポートを受けるか、医師に相談するようにしましょう。

もう一つの注意点は、何かの病気で薬を常用している場合です。その場合はサプリメントといえども、まずかかりつけの医師に相談しましょう。

recommend

スマホケース 手帳型
http://www.rakuten.ne.jp/gold/noraneko0707/
コルセット 編み上げ
http://www.loft-planet.com/category/60/
千葉の社会人サークル
http://www.ist-community.com/
ヨガマット
http://www.huggermugger.jp/mats/
社会人サークル
http://luxurystyle.jp/
Copyright 2012 Supring, Ltd. All Rights Reserved.